ゴールデングラブ受賞選手たちとグラブ-二塁手篇-

こんにちは

バックネット裏(@baseballbacknet)です。

今回のテーマは、守備のタイトル「ゴールデングラブ賞-二塁手篇-」です。

ショートとともにセンターラインを形成し、右へ左へとダイヤモンドを縦横無尽に動き回る”忍者”的ポジションです。

俊敏な動きが求められるこのポジションにおいて、ゴールデングラブ賞を受賞した選手とは!?

バックネット裏

セカンドの守備のうまさは、監督やコーチが教えることができない“感覚量”に比例すると思っています。

では、年代別に振り返っていきましょう。

ゴールデングラブ受賞者たちのグラブ

2019年10月19日

スポンサーリンク




2010年代

2017年

▼セ・リーグ:菊池涼介 選手(カープ) ▼グラブ:MIZUNO/ミズノ(※ラベル無し)

-成績

-写真

-エピソード

元々は、バットやスパイク同様に、グラブもSSKを使用していた菊池選手。2016年シーズン頃からラベルを剥がしたミズノのグラブを使用し始め、2019年シーズン終了現在もミズノのグラブを使用し続けています。ミズノからは、具体的な名言はされていないものの「Kモデル」として発売されています。また、グラブのみならずバッティンググラブやバットまでもがミズノになるシーンもみられ、来年以降どうなるのか動向から目が離せません。

ちなみに、2019年シーズンが始まる前の春季キャンプではゴールドラベルのSSKを使用したり、2018年オフの侍ジャパンとして臨んだ試合ではRawlingsを使用したりと、グラブに関する試行錯誤は色々と続いているようです。

ラベルをはがす選手たち【内野手篇】

2019年6月23日

▼パ・リーグ:鈴木大地 選手(マリーンズ) ▼グラブ:MIZUNO/ミズノ

-成績

-写真

-エピソード

入団時はショート、そして2017年はセカンドでゴールデングラブ賞を獲得。その後、サード、ファースト、時には外野と様々なポジションを高いレベルで守ることができる適応力。19年シーズン途中、使用するグラブについて特集が組まれていましたのでリンクを紹介させて頂きます。

2018年

▼セ・リーグ:菊池涼介 選手(カープ) ▼グラブ:MIZUNO/ミズノ(※ラベル無し)

-成績

-写真

▼パ・リーグ:中村奨吾 選手(マリーンズ) ▼グラブ:ZETT/ゼット

-成績

-写真

出典:週刊ベースボールONLINE

-エピソード

グラブはZETT、スパイクとバッティンググラブはNIKE、バットはSSKと用具によって異なるメーカーを使用している中村選手。グラブについては2017年からZETTを使用し、2019年からブランドアンバサダーとして契約を結んでいます。

以下二つの記事に詳しく紹介されているので是非ご覧ください。

【2019年Ver.】各メーカーの契約選手まとめ

2019年7月15日
軟式用プロスティタス 中村モデル※グラブ袋付【ZETT】ゼット 野球 軟式グラブ19FW(BRGB30064)*10

2019年

▼セ・リーグ:菊池涼介 選手(カープ) ▼グラブ:MIZUNO/ミズノ(※ラベル無し)

-成績

-写真

▼パ・リーグ:浅村栄斗 選手(カープ) ▼グラブ:KUBOTA Slugger/久保田スラッガー

-成績

-写真

出典:BASEBALLKING

-エピソード

ライオンズ時代から久保田スラッガーを使用する浅村選手。当時、グラブに関するこだわりについて動画にて紹介されていました。メーカーのご担当者も登場し、グラブへの強いこだわりをうかがい知ることができます。

スポンサーリンク



まとめ(仮)

2017年〜2019年までの3シーズンを振り返りました。

セ・リーグは菊池選手が2019年までなんと驚異の7年連続の受賞。来シーズンはメジャーへの移籍も噂されていますが、どの球団でプレーをするにしてもどのようなプレーをみせてくれるのかワクワクしています。

パ・リーグは3人が登場。外崎選手(ライオンズ)、牧原選手(ホークス)など今シーズンからセカンドでの存在感を増している選手もおり、来シーズンも誰が獲ってもおかしくない状況です。

読んでいただきありがとうございました!

〜2016年も鋭意情報収集中!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連コンテンツ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です