ゴールデングラブ受賞選手たちとグラブ-三塁手篇-

こんにちは

バックネット裏(@baseballbacknet)です。

今回のテーマは、守備のタイトル「ゴールデングラブ賞-三塁手篇-」です。

代名詞はホットコーナー。鋭い打球がやってくることからそう呼ばれるようになったそうですが、近年はホークス松田選手を始めとして、プレースタイルもホットな選手がそろうポジションです。

熱い選手がそろうこのポジションにおいて、ゴールデングラブ賞を受賞した選手とは!?

バックネット裏

4番サードは字面がすでにかっこいいです。

では、年代別に振り返っていきましょう。

ゴールデングラブ受賞者たちのグラブ

2019年10月19日

スポンサーリンク




2010年代

2017年

▼セ・リーグ:鳥谷敬 選手(タイガース) ▼グラブ:KUBOTA Slugger/久保田スラッガー

-成績

-写真

-エピソード

入団以来、ずっと守り続けてきたショートのポジション。本人も、事あるごとにショートというポジションへの強いこだわりを答えていました。しかし、このシーズンは金本監督の方針もあり、サードに回る機会が多くなりました。決して本意ではなかったとはいえ、ゴールデングラブ賞を獲得するあたりは流石です。

鳥谷選手のグラブについてはニュースとして毎年取り上げられているのですが、2017年シーズンに向けた春季キャンプが始まる前の以下の記事によれば、当初はショートを守っている時と型は変えずにあくまで”ショート用”のグラブを用意していたそうです。

しかし、シーズンが進むにつれポジションの特性も踏まえたサード用のグラブを用意。翌2018年シーズンに向けては明確にサード用のグラブを用意していました。

▼パ・リーグ:松田宣浩 選手(ホークス) ▼グラブ:UNDER ARMOUR/アンダーアーマー

-成績

-写真

-エピソード

松田選手が使用するグラブといえば、外野手用かと思うくらいに大きいサイズが特徴です。

メーカーのご担当者インタビューを交えて、以下の項目が紹介された動画がございますので紹介させて頂きます。

  • なぜ大きいサイズを使用するのか?
  • サイズを大きくするメリットは?
  • 背面の紐が1本の理由
  • 型付へのこだわり
  • その他革の仕様など

2018年

▼セ・リーグ:宮﨑敏郎 選手(ベイスターズ) ▼グラブ:MIZUNO/ミズノ

-成績

-写真

-エピソード

試合で使用するグラブは画像の通り単色ですが、練習用ではド派手なグラブを使用。コンセプトは”西城秀樹モデル”

以下の記事に画像つきで紹介されています。

▼パ・リーグ:松田宣浩 選手(ホークス) ▼グラブ:UNDER ARMOUR/アンダーアーマー

-成績

スポンサーリンク

2019年

▼セ・リーグ:高橋周平 選手(ドラゴンズ) ▼グラブ:KUBOTA Slugger/久保田スラッガー(※ラベル無し)

-成績

-写真

ラベルをはがす選手たち【内野手篇】

2019年6月23日

▼パ・リーグ:松田宣浩 選手(ホークス) ▼グラブ:UNDER ARMOUR/アンダーアーマー

-成績

-写真

スポンサーリンク



まとめ(仮)

2017年〜2019年までの3シーズンを振り返りました。

全選手に共通でショックタイプのウェブを採用しているという傾向がみられました。早い打球が来る分、少しでも打球の勢いを落としやすくする効果を期待してのことかと考えられます。

読んでいただきありがとうございました!

〜2016年も鋭意情報収集中!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連コンテンツ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です