【甲子園】関東第一高校ベンチ入りメンバーと野球道具まとめ【2019年夏】

こんにちは。

バックネット裏(@baseballbacknet)です。

「第101回全国高等学校野球選手権大会出場全校道具まとめシリーズ」関東第一高校篇(東東京)をお届けします。

ベンチ入りメンバーは?どのメーカーを使用していたの?関東第一高校はSSK?

気になる方は是非読んでみてください。

【2019年最新Ver.】甲子園優勝投手が使用したギア

2019年6月27日

スポンサーリンク

チーム紹介

高校概要

都道府県 東東京都
出場 3年ぶり(8回目)
部員数 71人

チームの特徴

「守りの野球」を支えるWエース

打線は高打率誇り俊足も強み

-出典:甲子園2019 週刊朝日-

関東第一高校ベンチ入りメンバーと使用ギア一覧

ベンチ入りメンバーは以下の18人。

スパイクは全員SSK。他のギアもSSKを使用する選手が目立ちました。

背番号名前学年グラブスパイクバットバッテ
1土屋 大和3年SSKSSKSSKSSK
2野口 洋介3年SSKSSKSSKSSK
3平泉 遼馬3年SSKSSKSSKSSK・ミズノ
4村岡 拓海3年SSKSSKSSKSSK
5金森 優3年SSKSSKSSK【?】SSK
6渋谷 嘉人3年SSKSSKSSKSSK
7平川 嶺3年SSKSSKSSKSSK・ZETT
8大久保 翔太3年SSKSSKSSKSSK
9重政 拓夢2年SSKSSKSSKSSK
10谷 幸之助3年SSKSSKSSKSSK
11市川 祐1年SSKSSK--
12谷口 龍汰3年-SSKSSKSSK
13長嶋 峻佑3年SSKSSKSSKSSK
14根崎 仁人3年-SSKSSKSSK
15初谷 健心1年SSKSSKSSKSSK
16藤原 雄斗3年----
17藤松 丈一郎3年SSKSSKSSKSSK
18吉安 飛祐豪3年----



甲子園での戦い

【1回戦】vs 日本文理高校(新潟県)

▼スコア

【甲子園】日本文理高校ベンチ入りメンバーと野球道具まとめ【2019年夏】

2019年8月24日

【2回戦】vs 熊本工業高校(熊本県)

▼スコア

【甲子園】熊本工業高校ベンチ入りメンバーと野球道具まとめ【2019年夏】

2019年8月15日

【3回戦】vs 鶴岡東高校(山形県)

▼スコア

【甲子園】鶴岡東高校ベンチ入りメンバーと野球道具まとめ【2019年夏】

2019年8月15日

【準々決勝】vs 履正社高校(大阪府)

▼スコア

【※集計中※】ポジション別使用ギアまとめ

バッテリー

▼ピッチャー

#1 土屋大和 選手

グラブ:SSK(出典:Sankei.com)

#10 谷幸之助 選手(3年)

グラブ:SSK

▼キャッチャー

#2 野口洋介 選手

キャッチャーミット:SSK

【あす楽対応】 送料無料 SSK エスエスケイ 硬式キャッチャーミット プロエッジ PROEDGE 捕手用 PEKM53419F 硬式用 野球部 野球用品 スワロースポーツ

内野手

▼ファースト

#3 平泉遼馬 選手

バッティンググラブ:SSK

外野手

▼レフト

#7 平川嶺 選手

グラブ:SSK

▼センター

#8 大久保翔太 選手

スパイク:SSK(出典:週刊ベースボールONLINE)

▼ライト

#9 重政拓夢 選手

グラブ:SSK

おまけ

外野の一桁番号を背負った選手たちが使用したグラブにはある共通点がありました。その共通点についておまけとして紹介させていただきます。

その特徴は、関東第一高校のOBに関係しています。

現在、NPBには関東第一高校を卒業したOBが4名在籍しています。

楽天イーグルスに所属するオコエ瑠偉選手もその一人で、4年前には”センター前2塁打”や左中間を抜けそうな打球を尋常ではない速さで追いついたランニングキャッチなどで甲子園を大いにわかせてくれました。

その当時使っていたグラブが少し変わった仕様で話題になっていました。

まずはそのグラブをご覧ください。

グラブ:SSK(出典:NEWSポストセブン)

ライナーバックになっていることに加え、通常は人差し指部に開く穴が中指部に開いています。

今年、外野の一桁番号を背負った選手が使用したグラブに見られた共通点とは、グラブの仕様が全員ライナーバック仕様になっていたことです。(背番号9の重政選手のみ中指ライナーバック仕様でした)

その効果について画像の出典元となった記事では以下のように記載があります。

グラブから指を出すのは人差し指が普通だが、中指を出すことでボールをグラブの中央で捕球しやすくなるという。

プロ入り後も同様の仕様のグラブを使用し、テレビでも紹介されていました。

19年シーズン現在はSSKの契約選手としての紹介はされていませんが、オーダーではオコエ選手型と思われるグラブを選択することが可能になっています。

オコエ選手型と思われるSSK/PEO576GK型(公式サイト内シミュレータより)

外野手が小指2本入れで使用することはメジャーですが、オコエ選手のようにライナーバックと組み合わせる選手はまだまだ少ない現状です。

  • ポケットが深くなる
  • ポケットの中央で捕球できるようになる

以上2点が期待される“オコエ仕様”を是非試してみてはいかがでしょうか。

【2019年Ver.】各メーカーの契約選手まとめ

2019年7月15日



まとめ

(試合終了後に追記予定)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連コンテンツ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です