【甲子園】甲子園出場選手道具まとめ-グラブ・ミット篇-【2021年夏】

このページの最終更新は21年9月30日です

こんにちは。

バックネット裏(@baseballbacknet)です。

「第103回全国高等学校野球選手権大会道具まとめシリーズ」

今回のテーマは「グラブ」です。

今大会で守備についた”全選手”が使用したグラブのメーカーについて、ポジション別にまとめていきます。

バックネット裏

今、自分が高校球児だったらどこのメーカーでオーダーしていたのだろうという意味のない妄想をたまにします。

\大会の振り返りはこちらをチェック/

 

\他のギアはこちらをチェック/

【甲子園】甲子園出場選手道具まとめ-スパイク篇-【2021年夏】

2021年9月24日

【甲子園】甲子園出場選手道具まとめ-バット・バッティンググラブ篇-【2021年夏】

2021年9月23日
楽天市場のグラブ・ミット売り場はこちら
amazonのグラブ・ミット売り場はこちら

甲子園とグラブ

前述の通り、本記事では守備についた全選手の使用グラブのメーカーをまとめていきます。複数ポジションを守った選手についてはそれぞれのグラブを集計対象としています。(ex:先発投手がその後外野の守備についた場合には投手として使ったグラブ、外野手として使ったグラブのそれぞれを集計しています。)

ポジション別(投・捕・一・内・外)で分けながら紹介していきます。

1.投手が使用したグラブ

まずは投手が使用したグラブから紹介していきます。

対象となったグラブは127個。早速、使用人数及びシェアから紹介していきます。

個人的に感じたポイントは以下です。

バックネット裏

  • ミズノが大きくシェアを伸ばし過半数以上のシェアに
  • 上位4社の顔ぶれは変わらず
  • センバツでは登場しなかったメーカーが7社登場

それぞれのポイントについて補足を加えていきます。

▶ポイント①:ミズノが大きくシェアを伸ばし過半数以上のシェアに

センバツ時点でも投手用グラブシェア1位だったミズノ。そこからさらにプラス約11%シェアを伸ばし、投手の2人に1人はミズノのグラブを使うという結果に。大会前には公式twitterより以下の投稿もあり、ラディッシュカラーのグラブを使う選手が目立っていた印象です。

また、イーグルスの田中将大投手モデル限定のブルーダイアモンドロゴの限定グラブを使う選手も確認できました。

 

▶ポイント②:上位4社の顔ぶれは変わらず

SSKの順位が2位→3位へと後退し、代わりにZETTがシェア2位へという動きは見られましたが、NPBでも使用する選手が多い4社(ミズノZETTSSKasics)が甲子園においても上位を占めるという傾向に動きは見られず。この4社で約90%のシェアを占めている計算です。

ベスト4に勝ち残った各校のエースもいずれかのメーカーを使用していました。

優勝校・智辯和歌山のチーム紹介はこちら

【甲子園】智辯和歌山高校ベンチ入りメンバーと野球道具まとめ【2021年夏】

2021年8月9日

▶ポイント③:センバツでは登場しなかったメーカーが7社登場

ポイント②で紹介したように、上位4社でシェアの約90%を占めています。逆に考えると、残りの10%を数社で分けている状況ということです。その数社の中にはNPBで使われているメーカーも含まれていますが、今回、特に注目したのはNPBで(試合で)使う選手がいない以下の3社です。

それぞれ、使用した選手をグラブとともに紹介します。

CHIAKI

Instagramのアカウントはこちら→

メトリクス

Instagramのアカウントはこちら→

トレジャー

Instagramのアカウントはこちら→

楽天市場の投手用グラブ売り場はこちら
amazonの投手用グラブ売り場はこちら

[スポンサーリンク]



 

2.捕手が使用したキャッチャーミット

次に紹介するのはキャッチャーミット。集計対象となったミットは59個。ではそのシェアを見ていきましょう。

 

個人的なポイントを紹介します。

バックネット裏

  • センバツに続いてキャッチャーミットのシェア1位はZETT!
  • ハタケヤマがシェアを大きく伸ばす
  • 6社が新たに登場

それぞれに補足を加えていきます。

▶ポイント①:センバツに続いてキャッチャーミットのシェア1位はZETT!

センバツ時点で昨年夏からシェアを約18%伸ばしミズノを抜いてシェア1位になったZETT。今大会では、そのシェアを若干下げたものの1位の座を守るという結果になりました。NPBでもジャイアンツ・小林選手、ライオンズ・森選手などがアドバイザリーを務め、キャッチャーミットといえばZETTというイメージが高校球児の中に醸成されつつあるのかもしれないですね。

▶ポイント②:ハタケヤマがシェアを大きく伸ばす

シェア1位のZETTがシェアを下げる中、今大会のキャッチャーミット部門において最もシェアを伸ばしたのはハタケヤマ。ホークス・甲斐選手の影響が大きいと見え、同選手モデルらしきミットを使う選手を数多く確認しました。極浅のミットなので使いこなすにはかなりの技術や慣れが必要そうに思いますが、その分握りかえが早くなるなどのメリットもあり、甲斐モデル人気は今後も続くものと予想しています。

 

▶ポイント③:6社が新たに登場

センバツで使われたキャッチャーミットは6社でしたが、今大会では倍増して12社となりました。増えたのは次の6社。

中でも個人的に注目したのはblueeqDxMジュンケイの3社。NPBでは使用する捕手がいないメーカーです。(blueeqはバファローズ・吉田一将投手が使用)

3社のミットについて使用選手とともに紹介します。

■blueeq

Instagramのアカウントはこちら→

■DxM

twitterのアカウントはこちら→

■ジュンケイ

楽天市場のキャッチャーミット売り場はこちら
amazonのキャッチャーミット売り場はこちら

[スポンサーリンク]



▼次のページでは内野手を紹介しています▼

スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連コンテンツ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です