ラベルをはがす選手たち【内野手篇】

このページの最終更新は20年6月21日です

こんにちは。

バックネット裏(@baseballbacknet)です。

「ラベルをはがす選手たち」シリーズ第3弾、内野手篇をお届けします。

バックネット裏

少し前までは、「ラベルをはがしたグラブ≒久保田スラッガー」といったイメージがありましたが、最近はそうとも言い切れないようです。

さっそく見ていきましょう。

▼スポンサーリンク▼



ラベルをはがす内野手たち

グラブのラベルをはがして試合に出場した内野手をポジション別に紹介していきます。

なお、1軍の試合で試合したグラブのみをピックアップ対象としています。

【2020年Ver.】野球メーカーの契約選手まとめ

2020年4月15日

ファースト

▼岡本和真 選手(ジャイアンツ)

ミットミズノ

IBEラインが残っていることからも分かるように、メーカーはミズノです。

元々は、井端弘和氏が現役時代に使用していたミット。晩年、ミズノからadidasへ契約を変更した際にラベルをはがしていたようです。

引退後、ジャイアンツのコーチを務めていた際に岡本選手の手に渡りました。

岡本和真_ファーストミット_巧

【2020年Ver.】読売ジャイアンツの選手が使用する道具一覧【道具まとめ】

2019年12月30日
バックネット裏

週刊ベースボールには用具写真が鮮明に掲載されているので、毎週楽しみです。

【ブック放題】なら週刊ベースボールを含む雑誌200誌、漫画20,000冊以上が初月無料

いつでもどこでも週ベが読めるのでオススメです。

岡本選手から話は逸れますが、岡本選手が使用していたアンダーアーマーのファーストミットは、スワローズの村上宗隆選手の手に渡っているようです。

村上宗隆選手

参考記事(外部リンク)
侍同僚岡本の存在が刺激

▼松山竜平 選手(カープ)

[ミット]wilson / Rawlings

-2019年シーズン

Xanaxのブランドアンバサダーを務める松山選手ですが、ファーストの守備に就く際にはラベルをはがしたミットを使用。

元のメーカーは不明です。(wilson説が有力)

-2020年シーズン

2020年のシーズンに向けたオープン戦では昨年とも異なるラベルなしミットを使用しています。はがした跡から推測するに、Rawlingsでしょうか。

【2020年Ver.】広島東洋カープの選手が使用する道具一覧【道具まとめ】

2019年12月30日

▼中田翔 選手(ファイターズ)

[ミット]ZETT

何シーズンにも渡ってナイキのファーストミットを使用してきましたが、2019年の9月前後から上記のミットに変更しているようです。これまで使用してきたミットは修理中なのか、それともお役御免となったのか・・・、真相のほどは不明ですが、今後の動きに注目です。なお、メーカーはZETTが有力です。

【2020年Ver.】北海道日本ハムファイターズの選手が使用する道具一覧【道具まとめ】

2019年12月30日

セカンド

▼菊池涼介 選手(カープ)

想像を超えるビッグプレーで魅了してくれる菊池選手。

入団してからの数年はSSKのグラブを使用していましたが、19年シーズンまではラベルをはがしたミズノを使用していました。

以前、私のtwitterでも紹介しましたが、ランバードの周りを糸で縁取ったグラブもありました。これなら、ラベルをはがしてもミズノだとわかりますね。

なお、ミズノのオーダーカタログでは以下のような文言で紹介されています。

内野手Kモデル

ダイナミックな守備をサポートする幅広い捕球面が特徴

19年の春季キャンプでは、ゴールドラベルのSSKを使用するシーンもありましたが、シーズンでの使用は確認できておりません。

⇛2020年シーズンからミズノとアドバイザリースタッフ契約を締結しました。

【2020年Ver.】広島東洋カープの選手が使用する道具一覧【道具まとめ】

2019年12月30日

▼近藤健介 選手(ファイターズ)

グラブZETT

内外野様々なポジションを守ることが多い近藤選手。

今シーズン、内野を守る際にはこちらのグラブを使用しています。

カラーリングや、手首がハミダシ入りのスタイルになっていることから源田モデル(ZETT)だと思われます。

▼吉川尚輝 選手(ジャイアンツ)

グラブATOMS

ジャイアンツの次世代のスピードスターとして期待されている吉川選手。

入団以来アンダーアーマーのグラブを使用していましたが、昨シーズン後半からはラベルをはがしたグラブを使用しているシーンが目立ちます。

肝心のメーカーはATOMS説が有力です。(他にも、久保田スラッガー/ZETTのラベル無しグラブ使用を確認しておりますので、画像が入手でき次第更新予定です。)

吉川尚輝選手(引用元:報知新聞社)

なお、2019年3月に開催された侍JAPANの試合ではアンダーアーマーのバンドを巻いたグラブを使用していました。

元の投稿の「いいね!」欄に上記の説を裏付ける”ある方”からの「いいね!」がございますので、気になる方は是非ご確認ください。

⇛2020年シーズンからグラブについてはZETTと用具提供契約を締結したようです。

【2020年Ver.】読売ジャイアンツの選手が使用する道具一覧【道具まとめ】

2019年12月30日

▼田中俊太 選手(ジャイアンツ)

グラブ久保田スラッガー

カープ・田中広輔選手の実弟。今季は内野手のユーティリティプレーヤーとして存在感を高めています。

これまではアシックスのバットやスパイク同様にアシックスのグラブを使用していましたが、ここ最近はラベルを剥がしたグラブを使用しているようです。具体的なメーカー名は不明ですが、久保田スラッガー説が有力ではないかと考えています。

▼山田哲人 選手(スワローズ) ※要検証※

ミスタートリプルスリー。走攻守全てが高いレベルで揃った歴代屈指のプレイヤーです。

ドナイヤの契約選手としても有名ですが、2019年9月22日付けの試合で使用していたグラブにはラベルがついていないように見えました。

画像はこちらしかないため、ウェブなどの細かい仕様については確認できない状況ではございますが、来シーズンに向けた宿題という位置づけでこの記事の中でピックアップさせていただきました。

【2020年Ver.】東京ヤクルトスワローズの選手が使用する道具一覧【道具まとめ】

2019年12月30日

▼スポンサーリンク



▼次のページではサード・ショートを紹介しています▼

スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連コンテンツ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です