ラベルをはがす選手たち【内野手篇】

このページの最終更新は21年7月22日です

こんにちは。

バックネット裏(@baseballbacknet)です。

「ラベルをはがす選手たち」シリーズ第3弾、内野手篇をお届けします。

バックネット裏

少し前までは、「ラベルをはがしたグラブ≒久保田スラッガー」といったイメージがありましたが、最近はそうとも言い切れないようです。

さっそく見ていきましょう!

\グラブ好きの必読書はこちらから/

[スポンサーリンク]

DAZN



久保田スラッガーのオーダーシミュレーションはこちら

ラベルをはがす内野手たち

グラブのラベルをはがして試合に出場した内野手をポジション別に紹介していきます。

なお、1軍の試合で試合したグラブのみをピックアップ対象としています。

【2020年Ver.】野球メーカーの契約選手まとめ

2020年4月15日

ファースト

岡本和真 選手(ジャイアンツ)

[ミット]ミズノ

IBEラインが残っていることからも分かるように、メーカーはミズノです。

元々は、井端弘和氏が現役時代に使用していたミット。晩年、ミズノからadidasへ契約を変更した際にラベルをはがしていたようです。

引退後、ジャイアンツのコーチを務めていた際に岡本選手の手に渡りました。

岡本和真_ファーストミット_巧

【2020年Ver.】読売ジャイアンツの選手が使用する道具一覧【道具まとめ】

2019年12月30日

2020年シーズンにて、チームメイトの亀井選手ウィーラー選手がこのグラブを使うシーンを確認しています。

バックネット裏

週刊ベースボールには用具写真が鮮明に掲載されているので、毎週楽しみです。

【ブック放題】なら週刊ベースボールを含む雑誌200誌、漫画20,000冊以上が初月無料

いつでもどこでも週ベが読めるのでオススメです。

岡本選手から話は逸れますが、岡本選手が使用していたアンダーアーマーのファーストミットは、スワローズの村上宗隆選手の手に渡り、試合で使われることもあったようです。

村上宗隆選手

参考記事(外部リンク)
侍同僚岡本の存在が刺激

松山竜平 選手(カープ)

[ミット]wilson / Rawlings

-2019年シーズン

Xanaxのブランドアンバサダーを務める松山選手ですが、ファーストの守備に就く際にはラベルをはがしたミットを使用。

元のメーカーは不明です。(wilson説が有力)

-2020年シーズン

2020年のシーズンに向けたオープン戦では昨年とも異なるラベルなしミットを使用しています。はがした跡から推測するに、Rawlingsでしょうか。

【2020年Ver.】広島東洋カープの選手が使用する道具一覧【道具まとめ】

2019年12月30日

中田翔 選手(ファイターズ)

[ミット]ZETT

何シーズンにも渡ってナイキのファーストミットを使用してきましたが、2019年の9月前後から上記のミットに変更しているようです。これまで使用してきたミットは修理中なのか、それともお役御免となったのか・・・、真相のほどは不明ですが、今後の動きに注目です。なお、メーカーはZETTが有力です。

【2020年Ver.】北海道日本ハムファイターズの選手が使用する道具一覧【道具まとめ】

2019年12月30日

久保田スラッガーのオーダーシミュレーションはこちら




▼次のページではセカンドを紹介しています▼

スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連コンテンツ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です