第91回 選抜高校野球大会 道具まとめ(スパイク篇)

こんにちは

バックネット裏(@baseballbacknet)です

第91回選抜高校野球大会の道具まとめ第3弾

今回のテーマはスパイクです

プロ野球選手を見渡しても、スパイクだけはグラブやバットとは異なるメーカーを使用する選手が目立つ重要なギア

本大会ではどのような傾向があったのでしょうか

以下でまとめていきます

全体ではどうだったか

まずは、こちらの表をご覧ください。※出場全選手を対象

全部で「11」のメーカーが登場しました。

メーカー別シェア1位は、ミズノ

プロ野球でも人気のアシックスが2位

この2社で全体の約70%弱を占めるという結果になりました。

ミズノのスパイクは”動的”フィッティング【37.7%】

グラブ、バッティンググラブに続き、スパイク部門の1位もミズノ

令和を象徴するスパイク?!

5月9日にミズノのスパイクに関して以下のような記事が出ていました

【令和を象徴するミズノの革命的スパイク!『ミズノプロQS』の履き心地に驚きの声!】

※出典:高校野球ドットコム

記事の中には以下のような記載があります

『ミズノプロQS』は3月より販売が開始している。今春の選抜でも既に何名かの球児の足元を支えていた。現在、合成皮革が大半のスパイクに使われている中、天然皮革を使うという異彩を放つ『ミズノプロQS』。令和の時代を象徴するスパイクを身に纏い、ともに夏を駆け抜けてみてはどうだろうか。

天然皮革を使用することでスパイクに柔らかさが生まれ、足に馴染んでいく効果が期待でき、

“動的フィッティング”が実現するそうです

動的フィッティングについては同じ記事の中で以下のように定義されています

ミズノの最大の武器であるフィット感、なかでもプレー中などの動きに合わせて足にフィットすることを、ミズノは動的フィッティングと呼んでいるが、その動的フィッティングをもっとも実現した

ミズノの使用率が高い高校は?

出場全選手がミズノのスパイクを着用している高校が4校ありました

順番に過去ツイートを引用します

・星稜

グラブ・バッティンググラブに続き、スパイクも出場全選手がミズノユーザー

・呉

・広陵

“広陵高校といえばZETT”のイメージが強かっただけに、スパイクが全員ミズノだったことは大きな驚きでした

・筑陽学園

プロでも愛用されるアシックスのスパイク【29.3%】

シェア2位はアシックス

元プロ野球選手に聞いた、アシックスの良さとは

プロ野球選手でも、スパイクだけはアシックスという選手が数多くいます

知り合いの元プロ野球選手(投手)に、なぜアシックスのスパイクが選ばれるのかを直接聞いたことがあるのですが、アシックスのスパイクは、以下の点で非常に優れているとおっしゃっていました

  • 履いている時のストレスが少ない(着用時の良さ)
  • 1試合投げ抜いた後の疲れ方が全然違う(着用後の良さ)
  • アシックスを履いているという安心感(メンタル的良さ)

ちなみに、その選手も元々はアシックスでは無い別のメーカーのスパイクを履いていました

シーズンが進むに連れ、下半身の疲れが中々とれにくくなってきたことをアシックスを履くチームメイトに相談したところ、着用を勧められたそうです。次の登板で履いてみると上記の点に気づき、以来、引退までスパイクだけはアシックスで通したそうです。

話を聞いた投手は、MAX150km/hを超すような直球で押す投球スタイルだったこともあってか、別のスパイクを履いているときに大きなストレスになっていた「突き上げ感」がアシックスでは軽減されている点が特にお気に入りだったということでした

アシックスの使用率が高い高校は?

・履正社

ポイントスパイクが目立つSSK【17.5%】

シェア3位はSSK

どのような特徴があったのでしょうか

SSKといえばポイントスパイク?

広島の菊池選手も愛用するSSKのポイントスパイク

甲子園では、昨年夏の大阪桐蔭高校に代表されるようにSSKのスパイクを着用する選手の大半がこのポイントタイプのスパイクを着用しています

広島東洋カープ・菊池涼介選手

以下は、菊池選手を始めとするSSKのアドバイザリースタッフがSSKのスパイクを紹介するブランドムービー

是非ご覧ください

SSKの使用率が高い高校は?

2つの高校で出場全選手がSSKのスパイクを着用していました

・日章学園

・盛岡大付

今後の動向が気になる2社

今大会でのシェアはそこまで高くは無かったものの、今後の動向が気になる2社をピックアップします

テクノロジー推しのDESCENTE【2.2%】

デサント社の”コウノエベルト”というテクノロジーを聞いたことがありますでしょうか

商品サイトではその特徴について以下のように記載しています

甲部分のコウノエベルトを締めることで、足とスパイクの一体感を実現。
足指先が開き「地面を掴む」感覚を生み出し、しなやまな履き心地と高いパフォーマンス性を同時に実篇。日本高校野球連盟の用具使用制限をクリア。公式戦でも使用可能となった新開発の高機能スパイク。

今回の選抜大会でも10名の選手が着用

準優勝の習志野高校エース飯塚投手や、啓新高校エース安積投手もその一人です

啓新高校・安積投手

プロ野球選手ではソフトバンクホークスの千賀投手も着用しています

以下の記事では、「なぜコウノエスパイクを選んだのか?」を詳しく語っていますので気になる方はチェックしてみてください

出典:高校野球ドットコム

イチロー選手の引退でどうなる? ビモロ【2.4%】

先日、引退したイチロー選手も着用していたビモロスパイク

初動不可理論に基づいて設計されたスパイクは「神経筋制御,神経筋機能」を向上させるそうです

今大会では智弁和歌山高校の選手が5人着用するなど、じわじわとユーザーが拡大しています

米子東・土岐選手

メーカーのアイコン的存在だったイチロー選手の引退によって、今後ブランド自体がどのように展開していくのか個人的に非常に関心があります

ユーザーが一人だけだったメーカーは?

以下3つのメーカーがユーザー1人でした

  • 久保田スラッガー
  • 玉澤
  • ビーイーブランド

玉澤について補足を加えていきます

玉澤

着用していた選手は、高松商業 上田選手(2年生)

ちなみにグラブは習志野高校 櫻井選手(2年生)が唯一のユーザーでした

プロ野球では中々目にすることは無いメーカーですが、実は一人だけ、玉澤スパイクユーザーがいることをご存知でしょうか。

その選手とは、中日ドラゴンズ・石川翔投手です。

以下の動画で登場します

全体まとめ

いかがでしたでしょうか

グラブ、バッティンググラブに続いてスパイク部門でもミズノがシェア1位を獲得

高いブランド力に加え、”令和を象徴”するスパイクの登場で今後ますますユーザーが増えていくかもしれませんね

文字通り、足元からプレーを支えてくれる大切なギア

今回の記事を参考に、自分に合う一足を見つけてみませんか?

読んで頂きありがとうございました!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連コンテンツ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です