盗塁王とスパイク

このページの最終更新は20年7月19日です

こんにちは

バックネット裏(@baseballbacknet)です。

今回のテーマは、走塁のタイトル「盗塁王」です。

バックネット裏

・歴代の受賞者は誰?

・盗塁王が履いていたスパイクってどこのメーカー?

以上のような疑問に回答すべく、盗塁王を獲得した選手と、その選手が当時着用していたスパイクを年代別に分けてまとめていきます。(2010年代更新完了Ver.)

スポンサーリンク



2010年代

2010年〜2019年シーズンにおいて盗塁王を獲得した選手を、セ・リーグ/パ・リーグに分けてそれぞれ紹介していきます。

2010年

▼セ・リーグ

チーム 選手名 スパイク
カープ 梵 英心 ミズノ

[成績]

[写真]

[シーズン概要]

プロ入り1年目は新人王、2年目も18本塁打と順調なキャリアを歩むかと思われた3年目・4年目には極度の打撃不振に見舞われ、1軍と2軍を行ったり来たり。5年目のシーズンを迎えた2010年、野村監督に変わったことも影響してか、これまでよりも走塁に対して意欲的になり、2番打者としてつなぎ役を務める一方で、自身も出塁すると積極的にスチールをしかけ、シーズンを終えると43個もの盗塁を記録し、見事盗塁王のタイトルを獲得。守備でもゴールデングラブ賞を受賞するなど、完全復活とも言えるシーズンとなりました。

▼パ・リーグ(2人が同時受賞)

チーム 選手名 スパイク
ライオンズ 片岡 易之 adidas
ホークス 本多 雄一 久保田スラッガー

①片岡易之 選手

[成績]

[写真]

[シーズン概要]

前年まで3年連続盗塁王を獲得しており、すでに日本を代表するランナーでした。より一層の警戒が強まる中でも果敢に次の塁を目指し、59盗塁を達成。ホークス・本多選手と分け合う形にはなったものの、4年連続でのタイトル獲得となりました。また、世界の盗塁王・福本豊選手以来となる3年連続の50盗塁達成でもありました。

②本多雄一 選手

[成績]

[写真]

出典:西日本新聞

[シーズン概要]

前半の打撃不振があったにもかかわらず、振り返ってみると自身初の全試合出場、球団記録を塗り替える50犠打達成など、飛躍の1年とも言えるシーズンでした。シーズン終盤、ライバルの片岡選手が怪我で抹消されると、1試合2盗塁など果敢に走り、最終的には片岡選手と同数の59個まで伸ばし、ダブル受賞となりました。

2011年

▼セ・リーグ

チーム 選手名 スパイク
ジャイアンツ 藤村 大介 ミズノ

[成績]

[写真]

出典:サンスポ

[シーズン概要]

高校時代から韋駄天として有名だった藤村選手。2008年に入団してから3年後の2011年シーズンは119試合に出場。セカンドのレギュラーとして試合に出続けました。打率こそ、.222と課題を残す結果となりましたが、武器の脚を遺憾なく発揮し、シーズン途中からの出場だったにもかかわらず、盗塁王のタイトルを獲得しました。

スポンサーリンク



▼パ・リーグ

チーム 選手名 スパイク
ホークス 本多雄一 久保田スラッガー

[成績]

[写真]

出典:西日本新聞

[シーズン概要]

開幕から19試合連続安打を放つなど「打」のスタートダッシュに成功。また、前年の盗塁王として7月には6試合連続盗塁を決めるなど、走る方でもシーズンを通して好調をキープ。最終的には60個まで盗塁の数を伸ばし、2年連続のタイトルを獲得。

2012年

▼セ・リーグ

チーム 選手名 スパイク
ドラゴンズ 大島 洋平 SSK

[成績]

[写真]

[シーズン概要]

プロ入り初の規定打席到達。最多安打のジャイアンツ・長野/坂本選手に1本差の172安打を記録し、打率.310と高打率を残しました。また、不調の荒木選手に変わって1番に座ったこともあってか、シーズンを終えてみると32盗塁で盗塁王のタイトルを獲得

▼パ・リーグ

チーム 選手名 スパイク
イーグルス 聖澤 諒 ミズノ

[成績]

[写真]

[シーズン概要]

前年に52盗塁を記録していたものの、ホークス・本多選手が60盗塁を記録していたため盗塁王を逃していました。シーズン当初から走りまくり、前年を上回る54盗塁を記録。2位のライオンズ・ヘルマン選手に13個もの差を付けて盗塁王のタイトルを獲得しました。規定打席に達した野手で唯一の守備率10割(守備率10割を2年連続で達成)、ビハインド時の得点圏打率.536と脚以外の部分でも脚光を浴びるシーズンとなりました。

2013年

▼セ・リーグ

チーム 選手名 スパイク
カープ 丸 佳浩 アシックス

[成績]

[写真]

出典:デイリースポーツ

[シーズン概要]

2011年からレギュラー格として試合に出場していた丸選手。このシーズンまでは、一発はあるものの、やや確実性に欠ける選手としてどちらかというと守備型タイプの選手だったように記憶しています。2013年シーズンはランニングホームランも記録するなど、脚に注目が集まるシーズンとなった一方で、14本のホームランも記録し、後の活躍を予感させるような記録を残しています。シーズン終了後には、チームの顔として緒方選手が以前付けていた背番号「9」への変更が発表されました。

▼パ・リーグ

チーム 選手名 スパイク
ファイターズ 陽 岱鋼 NIKE

[成績]

[写真]

出典:週刊ベースボールONLINE

[シーズン概要]

第3回WBCにおいて、チャイニーズタイペイ代表として1次ラウンドMVP獲得から始まった2013年のシーズン。チーム初となる盗塁王を獲得した他、リーグ最多となる93得点も記録、主要な打撃成績も前年から大幅に伸ばし、ファイターズの顔として大きな飛躍を遂げるシーズンとなりました。

2014年

▼セ・リーグ

チーム 選手名 スパイク
ベイスターズ 梶谷 隆幸 ミズノ

[成績]

[写真]

出典:sportiva

[シーズン概要]

前年のシーズン終盤に打ちまくり、規定打席未達ながら、「打率:.346 HR:16本 打点:44」を記録。

打撃3部門のいずれかの獲得が期待された中での2014年シーズンでしたが、シーズン開幕当初から走りまくり、結果的には盗塁王のタイトル獲得となりました。三塁打もリーグ最多の9本を記録し、前年とはまた異なるプレースタイルでチームを牽引。

▼パ・リーグ

チーム 選手名 スパイク
ファイターズ 西川 遥輝 adidas

[成績]

[写真]

[シーズン概要]

前年の85試合からこのシーズンは143試合と大きく出場試合数を伸ばしたシーズンとなりました。内外野を守り、時には3番を打つなどチームの顔として台頭したシーズン。盗塁王に加え、武器の脚を十二分に活かしてリーグ最多三塁打(歴代5位)の記録も達成。

2015年

▼セ・リーグ

チーム 選手名 スパイク
スワローズ 山田 哲人 adidas

[成績]

[写真]

[シーズン概要]

自身初のタイトルを獲得。この年は盗塁王と本塁打王を同時受賞。チームの大黒柱として走攻守全てにおいて高いレベルで貢献し、優勝に導きました。他にも、以下のような記録を達成しています。

  • トリプルスリー(セ・リーグ史上最年少)
  • トリプルスリーと盗塁王同時受賞(史上初)
  • 本塁打王と盗塁王の同時受賞(史上初)
  • 4打席連続本塁打(シーズンタイ記録)
  • 日本シリーズにおける3打席連続本塁打(史上初)

▼パ・リーグ

チーム 選手名 スパイク
ファイターズ 中島 卓也 asics

[成績]

[写真]

[シーズン概要]

粘って粘って粘って、塁に出たら即盗塁。打率は.264ながら、出塁率は.350、最多犠打(62)という結果を残したところからも、for the TEAMの精神の徹底ぶりがうかがえます。盗塁王とベストナインの同時受賞も達成しています。

2016年

▼セ・リーグ

チーム 選手名 スパイク
スワローズ 山田 哲人 adidas

[成績]

[写真]

[シーズン概要]

2度目となるトリプルスリーを達成。トリプルスリーを2回達成するだけでもすごいのに、9割を超える盗塁成功率40本近いホームラン数最多四球を獲得する選球眼1を超えるOPSと文句のつけようがない成績です。

▼パ・リーグ(2人が同時受賞)

チーム 選手名 スパイク
ファイターズ 糸井 嘉男 UNDER ARMOUR
ライオンズ 金子 侑司 asics

①糸井嘉男 選手

[成績]

[写真]

出典:産経ニュース

スポンサーリンク

②金子侑司 選手

[成績]

[写真]

[シーズン概要]

50個を超えるハイレベルな争いの結果、糸井選手、金子選手が53個の盗塁を決めて当時受賞。ともに初の盗塁王のタイトル獲得で、糸井選手は35歳という史上最高齢での受賞となりました。ちなみに、お互い17回の盗塁失敗もリーグ最多でした。

スポンサーリンク 



2017年

▼パ・リーグ

チーム 選手名 スパイク
カープ 田中 広輔 asics

[成績]

[写真]

出典:中国新聞

[シーズン概要]

自身初のタイトル獲得。このシーズンは他にも最多死球最高出塁率、ベストナインも受賞し、相手チームからすれば”いやらしい”存在としてチームを牽引。名実ともにセ・リーグを代表するショートとなり、チームの優勝に大きく貢献しました。なお、盗塁王と最高出塁率を同時受賞するのは、イチロー選手、山田哲人選手に続いて史上3人目の大記録でした。一方で、2年連続で最多盗塁失敗という記録も達成してしまい、成功率の向上が課題として語られるシーンが多かったように思います(翌2018年も最多盗塁失敗を記録)

▼パ・リーグ

チーム 選手名 スパイク
ファイターズ 西川 遥輝 adidas

[成績]

[写真]

[シーズン概要]

内野手登録から外野手登録に変更になった年でした。ライオンズ・源田選手との争いの末(37個)、39個の盗塁を記録して2度目の盗塁王を獲得

2018年

▼セ・リーグ

チーム 選手名 スパイク
スワローズ 山田 哲人 adidas

[成績]

[写真]

[シーズン概要]

Mr.トリプルスリー。2018年シーズンはカープ田中選手とわずか1個差で盗塁王を獲得(3回目)。トリプルスリー達成も3回目と、NPBの長い歴史の中でも突出したハイレベルな成績を残しています。adidasを代表する契約選手の一人ですが、adidasといえば3本ライン。以下のようなツイートをしましたが、記念グッズなどは特に発売されなかったようですね。

3回でとどまらず、更に獲得回数を伸ばしてほしいというメーカーからのメッセージだと私の中では解釈しました。

▼パ・リーグ

チーム 選手名 スパイク
ファイターズ 西川 遥輝 adidas

[成績]

[写真]

[シーズン概要]

2014年、2017年に続いて3度目の受賞。このシーズンはリーグ最多の四球を獲得(96個)、自身初の2桁本塁打達成と更に一皮むけたシーズンとなった印象でした。

スポンサーリンク

2019年

▼セ・リーグ:近本光司 選手(タイガース) ▼スパイク:asics/アシックス

▼セ・リーグ

チーム 選手名 スパイク
タイガース 近本 光司 asics

[成績]

[写真]

出典:日刊スポーツ

[シーズン概要]

2位の山田選手に3個差を付けてルーキー近本選手が獲得。オールスターではサイクル安打を達成、シーズンでも長嶋茂雄氏が保有していたセ・リーグ新人安打記録を更新するなど、長打力と確実性を兼ね備えたチームの核弾頭。ルーキーイヤーの盗塁王獲得は、2001年の赤星憲広氏に続いてNPB史上2人目

▼パ・リーグ

チーム 選手名 スパイク
ライオンズ 金子 侑司 asics

[成績]

[写真]

[シーズン概要]

チームメイトの源田選手に11個もの差をつけて金子侑司選手が獲得。盗塁王獲得は2016年に続いて2度目。長打力が目立つライオンズにあって、金子選手のようにベースをかき回す選手の存在は、ボディーブローのように相手チームのバッテリーを苦しめていることでしょう。

スポンサーリンク



まとめ

「盗塁王のスパイクまとめ」第一稿は以上になります。

2010年〜2019年のシーズンにかけて、盗塁王のタイトルを獲得した選手は全部15人。

メーカー別でみるとadidas/asicsがそれぞれ6回と最多の獲得回数となりました。

一つでも先の塁を、スパイク選びがその目的をサポートしてくれるかもしれません。

読んでいただきありがとうございました!

※2000年代以前は鋭意執筆中※

スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連コンテンツ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です