【保存版】野球道具好きな選手たち

※2020年1月19日更新版

こんにちは

バックネット裏(@baseballbacknet)です。

今回のテーマも、例に漏れず【野球選手が使用する道具】です。

これまで、当ブログにおいて

  • チーム軸
  • タイトル軸
  • ポジション軸

など、様々な切り口から選手たちが使用する野球道具を紹介してきました。

今回の切り口は【選手軸】。中でも3つ以上のメーカーを使用した選手にフォーカスを当てて、どこのメーカーを使用してきた(いる)のか、紹介していきます。

バックネット裏

自分がプロ野球選手になったら、

道具別にどこのメーカーを使用するのか?

という妄想は最も楽しい妄想の一つです。

そんな妄想を実現してくれた道具好き選手とは?!

早速見ていきましょう

【2020年Ver.】球団別 プロ野球選手が使用するギア まとめ

2019年12月30日

スポンサーリンク




集計対象となる選手について

メーカーを変更する選手は決して少なくなく、全ての選手を紹介するとそれだけで相当数の選手が該当してしまうため、この記事で紹介するギアの集計条件を以下のように定義しています。

集計の対象について

  1. 試合で使用したギアであること
  2. 集計ギアはグラブ(ミット)、スパイク、バット、バッティング手袋に限定
  3. 3つ以上のメーカーを使用していること
  4. 日本人登録の選手であること

各項目の詳細はそれぞれ以下の通りです。

試合で使用したギアであること

紹介の対象となるギアは公式戦で使用されたシーンを確認できた物に限定します。

よって、キャンプや試合前練習、オープン戦や侍ジャパンなどの国際試合で使用を確認した道具については紹介対象外となります。

集計ギアはグラブ(ミット)、スパイク、バット、バッティング手袋に限定

集計対象となるギアは上記で紹介した主要ギア4点のみになります。

各種レガース、プロテクター、ランニングシューズ、ランニング手袋、ベルト、アクセサリー(ファイテンなど)といった主要4ギア以外の道具については今回の記事では紹介の対象外となります。

3つ以上のメーカーを使用していること

使用するメーカーの数にも条件を設定させていただきました。

2つ以上という条件としてしまうと、体感では50%以上の選手が該当してしまうためです。

日本人登録の選手であること

集計対象の選手は日本人登録選手のみとなります。

外国人選手は比較的様々なメーカーを使用する傾向にあるため、外国人選手を含んでしまうと、登場する選手の大半が外国人選手になってしまうため、除外致します。(外国人選手が使用する道具を日本国内で入手しづらいということも理由です。)

以上4点が集計対象選手の条件になりますが、本記事ではさらに複数のギアを3種類以上という制限を加えています。

グラブのみ3種類以上使用している選手など、特定のギアのみ3種類以上のメーカーを使用している選手については今後別の記事で紹介しますので、集計対象ではありますが、本記事の紹介対象選手からは除外となりますのでご了承ください。



凡例

続いて、この記事における凡例を紹介します。

ポジション別に選手を紹介していきますが、その際以下のフォーマットにて紹介させて頂きます。

図をご参照ください。

選手名→ギア→メーカー名→画像集という構成にしております。

なお、画像を持っているギア(緑字)に関しては、スライドショーを設定しておりますので、スライドすることで各画像を覧いただくことが可能です。

では、いよいよ次の章からが本編となります。

投手

上原浩治 投手(ジャイアンツ〜MLB〜ジャイアンツ)

1年目に20勝をあげ、タイトルを総なめにすると、以降はジャイアンツのエースとして君臨。メジャーに渡り、中継ぎに転向したあとも針を通すコントロールで相手を圧倒。2019年に引退するまでそのコントロールは健在でした。

そんな上原投手、入団1年目こそミズノを使用していましたが、その後Xanaxの契約選手となりました。

後にNIKEと契約し、引退までNIKEのグラブとスパイクを使い続けていました。

▶グラブ

ミズノ | Xanax | NIKE

▶スパイク

ミズノ | アシックス | NIKE

内海哲也 投手(ジャイアンツ〜西武ライオンズ)

ジャイアンツの選手を祖父に持ち、ジャイアンツの背番号26は内海で始まり内海で終わる、と自由枠で入団。2011年/12年と連続で最多勝を獲得したその存在感に加えて、チーム改革やファンサービス、ランドセル寄付活動、戦力外になった選手の練習サポートなど、良いエピソードが尽きない選手です。そんな内海投手は入団してしばらくはミズノを使用していたものの、その後グラブ・スパイクともにZETTに変更。アドバイザリースタッフも務めていましたが、その後adidasへと変更。現在もグラブ・スパイクともにadidasを使用しています。adidasを使用する選手は引退直前に別のメーカーに変更する傾向があるので、今後も使い続けるのかどうかは注目です。

【2020年Ver.】西武ライオンズの選手が使用する道具一覧【道具まとめ】

2019年12月30日

▶グラブ

ミズノ | ZETT | adidas

▶スパイク

ミズノ | ZETT | adidas

スポンサーリンク

澤村拓一 投手(ジャイアンツ)

鳴り物入りでジャイアンツに入団。近年は怪我などの影響もあるようにも見えますが、元々のポテンシャルは非常に高い投手。大学時代はミズノSSKを使い分け、プロ入り一年目はミズノを使用。2年目にUNDER ARMOURと契約を締結し、グラブ・スパイクともにUAマークの入ったギアを使用していましたが、徐々にアシックスのスパイクを着用するシーンが目立ち始め、ついにはグラブまでアシックスとなりました。

現在、アシックスのアドバイザリー契約選手のページには澤村選手の名前は無いようなので、用具提供の契約であると予想されます。

【2020年Ver.】読売ジャイアンツの選手が使用する道具一覧【道具まとめ】

2019年12月30日

▶グラブ

ミズノ | UNDER ARMOUR | アシックス

▶スパイク

ミズノ | UNDER ARMOUR | アシックス

武田翔太 投手(ホークス)

ここ数年は苦しんでいる印象ながら、入団8年ですでに50勝以上を挙げている右腕。高校時代から入団して数年はSSKを使用していましたが、UNDER ARMOURに変更。その後久保田スラッガーにグラブを変更した際にスパイクも変更。現在は、グラブ・スパイクともにアシックスを使用しています。2019年シーズンで1試合だけDESCENTEのスパイクを着用していたようですが、チームメイトの千賀投手の影響があったかもしれませんね。

【2020年Ver.】福岡ソフトバンクホークスの選手が使用する道具一覧【道具まとめ】

2019年12月30日

▶グラブ

SSK | UNDER ARMOUR | 久保田スラッガー |アシックス

▶スパイク

SSK | 久保田スラッガー | アシックス | DESCENTE

十亀剣 投手(ライオンズ)

2011年のドラフトにおいて現在所属する西武ライオンズから1位指名を受けて入団。2ケタ勝利を記録したこともある右サイドハンドの好投手。パ・リーグに少し詳しい方なら、ホークス松田選手との相性で覚えている方もいらっしゃるかもしれません。プロ入りしてから10年弱ですが、すでに3つのメーカーを使用しています。

ルーキーイヤーはミズノを使用していましたが、2年目以降はNIKEに変更。そしてここ数シーズンはUNDER ARMOURを使用しています。

【2020年Ver.】西武ライオンズの選手が使用する道具一覧【道具まとめ】

2019年12月30日

▶グラブ

ミズノ | NIKE | アンダーアーマー

▶スパイク

ミズノ | NIKE | UNDER ARMOUR

スポンサーリンク

松坂大輔 投手(ライオンズ〜MLB〜ホークス〜ドラゴンズ〜ライオンズ)

ここ数年で、最も多くのメーカーを使用した選手の一人です。ノーヒット・ノーランを達成した甲子園決勝ではミズノを使用し、入団後もミズノを使い続けていました。練習で使用するのみだった久保田スラッガーを試合で使用するようになったり、ある試合ではいきなりZETTを使用したりと、渡米前から様々なメーカーを使用していました。渡米してからも、試合でこそNIKEを使用しているものの、練習ではミズノ久保田スラッガーを使用するシーンが度々確認できました。

その後、日本に戻って来てからはNIKEを使用するシーンはほぼなく、Ryuをはじめとする様々なメーカーを使用するようになります。

以下で紹介しているメーカーは試合で使用したものに限定していますが、練習ではSSKDESCENTEなど大手のメーカーから、和牛JB美津和タイガーといった小規模なメーカーまで幅広いメーカーを使用しています。

2019年11月現在、2020年シーズンをライオンズの一員として迎える可能性が高いという報道があり、どこのメーカーを使用するのか今から楽しみです。

【2020年Ver.】西武ライオンズの選手が使用する道具一覧【道具まとめ】

2019年12月30日

▶グラブ

ミズノ | ZETT | 久保田スラッガー | NIKE | アンダーアーマー | アシックス | Ryu |アクセフベルガード

▶スパイク

ミズノ | アシックス | NIKE | UNDER ARMOUR | JAGUAR

※画像集約中

スポンサーリンク



和田毅 投手(ホークス〜MLB〜ホークス)

MLBを経由して再び古巣・ホークスに戻ってきた和田投手。松坂世代を代表する左腕も、複数のメーカーを使用する選手の一人です。現在、adidasを使用していますが、ミズノからはじまり、NIKEを経由しています。

【2020年Ver.】福岡ソフトバンクホークスの選手が使用する道具一覧【道具まとめ】

2019年12月30日

▶グラブ

ミズノ | NIKE | adidas

▶スパイク

【ミズノ | NIKE | アシックス | adidas

⚾あわせて読みたい⚾

捕手

相川亮二 選手(ベイスターズ〜スワローズ〜ジャイアンツ)

侍ジャパンに選出されたこともある名捕手。セ・リーグ3球団を渡り歩いた珍しい経歴の持ち主です。

そんな相川選手、ミットこそハタケヤマをずっと使用していましたが、スパイクは野球界では珍しくPUMAを着用するなど、複数のメーカーを使用していました。

▶スパイク

NIKE | PUMA | UNDER ARMOUR | SSK

▶バッティンググラブ

Xanax | UNDER ARMOUR | NIKE | PUMA | SSK

⚾あわせて観たい(外部リンク)⚾ハタケヤマの防具は相川選手の発案?!

内野手

石川雄洋 選手(ベイスターズ)

横浜高校からベイスターズに入団。そして横浜DeNAベイスターズの初代キャプテンを務めた選手。最近は試合途中から出場するケースも多いですが、勝負強さは健在。通算1,000安打を記念して以下のような動画が作成されていました。

【2020年Ver.】横浜DeNAベイスターズの選手が使用する道具一覧【道具まとめ】

2019年12月30日

入団してしばらくはミズノを使用。ブランドアンバサダーとして全ての用具をミズノで統一していましたが、グラブを久保田スラッガーRawlings、スパイクをUNDER ARMOURNew Balanceに変えるなど、様々なメーカーを使用しています。

特にグラブについては、見るたびに新しいカラーリングの物を使用していると言っても過言では無いくらいに毎シーズン様々なグラブを使用しているようです。

▶グラブ

【ミズノ | SSK | 久保田スラッガー |Rawlings

▶スパイク

ミズノ | UNDER ARMOUR | New Balance

▶バッティンググラブ

【ミズノ | SSK | UNDER ARMOUR | Franklin

今宮健太 選手(ホークス)

ライオンズ・源田選手とともに、パ・リーグを、そしてNPBを代表する選手の一人。高校時代から久保田スラッガー・ミズノ・SSKなど複数のメーカーを使用する傾向にありました。プロ入り直後は久保田スラッガーで全身統一していましたが、バットがミズノに変わると翌年には全身ミズノに、その後UNDER ARMOURにかわり、現在はグラブのみZETTを使用しています。

【2020年Ver.】福岡ソフトバンクホークスの選手が使用する道具一覧【道具まとめ】

2019年12月30日



▶グラブ

久保田スラッガー | ミズノ | アンダーアーマー | ZETT

▶スパイク

久保田スラッガー | ミズノ | アシックス | UNDER ARMOUR

▶バット

久保田スラッガー | ミズノ | UNDER ARMOUR

▶バッティンググラブ

久保田スラッガー | ミズノ | アンダーアーマー

内川聖一 選手(ベイスターズ〜ホークス)

稀代のバットマンも様々な道具を使用している選手の一人。著書では道具好きを公言しており、いまだにメーカーのカタログをみてはワクワクしているそうです。また、良いものをすぐに試したいという意向からスパイクについては契約を結ばない方針だということです。

【2020年Ver.】福岡ソフトバンクホークスの選手が使用する道具一覧【道具まとめ】

2019年12月30日

▶グラブ

【Rawlings | ミズノ | アシックス | 久保田スラッガー

▶スパイク

ミズノ | アシックス | adidas | JAGUAR | BeMOLO

▶バット

Rawlings | ミズノ | アシックス

▶バッティンググラブ

Rawlings | ミズノ | アシックス

過去の投稿はこちら

岡本和真 選手(ジャイアンツ)

ジャイアンツの若き4番は現役野手では最も多くの道具を使用する選手の一人です。チームがUNDER ARMOURと契約している影響もあってか、本人自身もUNDER ARMOURの契約選手の一人です。しかし、試合で実際に使用するメーカーを確認してみると・・・。試合でこそ使用していないものの、練習では、下記で紹介したメーカー以外に、SSK、NIKEのスパイクを着用するシーンが確認されています。

【2020年Ver.】読売ジャイアンツの選手が使用する道具一覧【道具まとめ】

2019年12月30日

▶グラブ

【ミズノ | UNDER ARMOUR | ZETT | アトムズ | 久保田スラッガー

▶スパイク

ミズノ | UNDER ARMOUR | アシックス |New Balance

▶バット

ミズノ | UNDER ARMOUR | アシックス

小谷野栄一 選手(ファイターズ〜バファローズ)

かつて、これまでの数のメーカーを使用した選手は私の記憶にはございません。おそらく、ここで上げたギア以外にも使用しているメーカーはあると思われます。

▶グラブ

ZETT | NIKE | ミズノ | UNDER ARMOUR | wilson | 久保田スラッガー | Xanax

▶スパイク

【ZETT | NIKE | ミズノ | UNDER ARMOUR | New Balance

▶バット

【ZETT | NIKE | ミズノ | UNDER ARMOUR | DeMARINI | DESCENTE | Xanax | ハタケヤマ

▶バッティンググラブ

【ZETT | NIKE | UNDER ARMOUR | DeMARINI | DESCENTE | アシックス | Xanax | ハタケヤマ】

過去の投稿はこちら

山川穂高 選手(ライオンズ)

2年連続HR王を獲得した、現在のNPBを代表するスラッガー。100号到達が日本人史上最速を記録し、今後どこまでその記録を伸ばしてくれるかに注目。2年程前、ミズノのブランドアンバサダーに就任していますが、入団時からいくつかのメーカーを変遷しています。ルーキーイヤーはアシックスが中心。その後バッテのみFranklinとなり、道具全体をDESCENTEにしていたシーズンもありました。

【2020年Ver.】西武ライオンズの選手が使用する道具一覧【道具まとめ】

2019年12月30日

▶グラブ

【asics | 久保田スラッガー | ミズノ

▶スパイク

asics | DESCENTE | ミズノ】

▶バット

asics | DESCENTE | ミズノ

▶バッテ

asics | Franklin | DESCENTE | ミズノ

山田哲人 選手(スワローズ)

押しも押されぬ、NPB史上屈指のプレイヤーも様々な道具を使用する選手の一人、グラブこそ、ドナイヤを長年使用していますが、バットやバッティング手袋は入団以来複数メーカーを変遷しています。

【2020年Ver.】東京ヤクルトスワローズの選手が使用する道具一覧【道具まとめ】

2019年12月30日

▶バット

Rawlings | UNDER ARMOUR | adidas

▶バッティンググラブ

Rawlings | UNDER ARMOUR | adidas

外野手

青木宣親 選手(スワローズ〜MLB〜スワローズ)

シーズン200安打を達成したこともあるバットマン。MLB挑戦以前はRawlingsやadidasと契約し、グラブのみ久保田スラッガーを使用していました。

渡米後、スパイクがNew Balanceになったことを皮切りに、他の用具についてもメーカーが変遷していきます。

New Balanceと日本人で初めてグローバル契約を結んだ選手が青木選手であることはあまり知られていないニュースです。

【2020年Ver.】東京ヤクルトスワローズの選手が使用する道具一覧【道具まとめ】

2019年12月30日

▶スパイク

アシックス | adidas | New Balance

▶バット

Rawlings | adidas | ミズノ | ZETT

▶バッティンググラブ

Rawlings | adidas | ミズノ

糸井嘉男 選手(ファイターズ〜バファローズ〜タイガース)

“超人”とも言われるほどの高い身体能力を持つ選手。オフシーズンの糸井塾にはそんな超人を目指す若手選手たちが集まってトレーニングを積んでいます。元々は投手として入団し、野手転向したという経緯も。

【2020年Ver.】阪神タイガースの選手が使用する道具一覧【道具まとめ】

2019年12月30日

▶グラブ

【ミズノ | wilson | NIKE | UNDER ARMOUR | 久保田スラッガー | Rawlings】

糸井_グラブ_UA

▶スパイク

ミズノ | アシックス | NIKE | UNDER ARMOUR】

※画像集約中

▶バット

ミズノ | ディマリニ | NIKE | アシックス |オールドヒッコリー |UNDER ARMOUR

▶バッティンググラブ

ミズノ | ディマリニ | NIKE |UNDER ARMOUR

スポンサーリンク

筒香嘉智 選手(ベイスターズ)

2019年シーズンオフにメジャー挑戦を表明したスラッガーも、用具好きな選手の一人。特にバットに関しては入団直後から試行錯誤を繰り返しており、その変更については毎年ニュースになるほど。

▶グラブ

【ミズノ | 久保田スラッガー | Rawlings | IP Select】

※画像集約中

▶スパイク

ミズノ | UNDER ARMOUR | NIKE | adidas | BeMOLO】

▶バット

ミズノ | UNDER ARMOUR | adidas | Victus | marucci | アシックス | オールドヒッコリー

▶バッティンググラブ

ミズノ | UNDER ARMOUR | adidas | IP Select】

松中信彦 選手(ホークス)

言わずとしれた”平成の三冠王“。文字通り、平成時代で唯一三冠王を獲得した選手です。

通算成績も打率:.296、HR:352本、打点:1,168打点と常勝ホークスの中軸として君臨してきました。

使用してきたギアに眼を向けると、グラブこそZETTとミズノの2種類でしたが、スパイク、バット、バッティング手袋は様々なメーカーを試している様子が伺えました。adidasNIKEUNDER ARMOURというアメリカのメーカーを1試合で混在させて使用していた選手は松中選手が唯一ではないでしょうか。※久保田スラッガーを使用していた記憶もあるので確認出来次第追記予定です。

▶スパイク

【ZETT | NIKE | adidas | ミズノ | UNDER ARMOUR

▶バット

ZETT | ミズノ | marucci

▶バッティンググラブ

【ZETT | adidas | NIKE

スポンサーリンク



まとめ

読者の皆様で、この選手もそうだよ!という選手がいらっしゃいましたら、コメント欄もしくはTwitterにてご連絡いただけますと嬉しいです。

読んでいただきありがとうございました!

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連コンテンツ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です